HOME > IBEIニュース > 研修日誌 > 2014年 小豆島研修7日目 最終日

2014年 小豆島研修7日目 最終日

8月2日 土曜日

DSC03711.JPG

ブログの更新が遅くなってしまいましてすみません。

研修が終わった翌日の昨日は、日帰りの仙台出張だったのですが、一人で乗る新幹線はお気楽な反面、妙な静けさを感じ、寂しくなりました。移動中はずっと皆で過ごした7日間の余韻に浸ってました。

皆それぞれお家でどんな夜を過ごしたのかな?低学年の子は思いっきりお母さんに甘えたのかな?など今でもみんなのこと思っています。

 

 

ホテル「松風」を後にする時、女将さんに「故郷」の歌を披露しました。 女将さんからはありがたくも、前夜の晩にケーキとジュースを振舞ってくださいました。「元気に帰ってね。また来年も来てね。」とあたたかいお言葉をいただきました。

 

DSC03718.JPG

 

DSC03724.JPG

DSC03730.JPG

 

DSC03734.JPG

 

DSC03727.JPGのサムネール画像

岡山駅で福岡組とお別れしました。まさひろくんがギュッと口をつぼめて涙を溜めながら無言で手を振ってくれた姿に胸が締め付けられました。まだ小1で初めての参加なのに、よくがんばりましたね。

たいきくんのお母さんが、他5人を博多まで引率してくださいました。新幹線の中でも一騒動あったようですが、何はともあれ無事に到着したとの報告を受け安心しました。ありがとうございます。

 お子様を参加さてくださった保護者の皆様、ありがとうございます。特に初めて参加してくれた生徒さんの保護者の方にとっては勇気を要したとお察しします。

これからも楽しい企画を作っていきますので、今後ともどうぞよろしくお願い致します。

 

最後にちょっとした小ネタを。

2日目以降私とマリーナ先生は2人部屋へ移ったのですが、夕食前などの空き時間にこんな風に来客がありました。振り向くと電話をいじっていたり、書類を眺めていたり、子ども同士語り語りあっていたり。

 

DSC03251.JPG

そんなある日、小3のジェームスが電話を指して「ねぇ、柳さんこれどうやってかけるのー?」と聞いてきました。(この写真は違います)

え?電話のかけ方わからないの? あー!そうか!なるほど。

ホテルに置いてある電話は回転のダイヤル式の電話です。私の幼少時代はこのタイプの電話が家にありましたが、この子たちは知らないのですね!電話をかけてみたいというので、無理やりフロントに用をこじづけて、かけさせました。

そしてかかった瞬間、「えっ!どうやって話すのっ?」と焦ってとった行動は、受話器をトランシーバーのように持ち、耳を当てる部分に口をつけてしゃべってました。

ちがうちがうちがう!!

ふとした時に、疲れを吹き飛ばすような笑いをくれるんですよね。

またみんなに会えるといいな☆

 

 

カテゴリ:

コメントする

このページのトップへ