HOME > IBEIニュース > 長崎朗読公演が無事終了しました!+長崎での旅路

長崎朗読公演が無事終了しました!+長崎での旅路

 8月15日(土)、長崎での朗読公演が無事終了しました!

長崎での公演の様子に加えて、平和学習を兼ねた長崎観光をしましたので、生徒たちの様子をまとめてみました!

当日はリハーサルのため、早めに現地入りをしました。原爆資料館の前で親御さんたちと一緒に集合写真。

DSC05860 (1280x850).jpg

リハーサルもしっかり終えて、ついに本番です。

始まるまでは生徒もスタッフも緊張の連続でしたが、本番ではみんな練習以上の読みをお客様に披露してくれました!!

DSC05865 (1280x850).jpg DSC05869 (1280x850).jpg

お客様も会場が満席になるほど来ていただき、大変ありがたかったです。

公演が無事終了し、長崎市長の田上富久市長と古賀友一郎参議院議員と表敬面談をしました。

生徒たちも緊張しているようでしたが、お二方が緊張を解きほぐすように話していただいたおかげで安心をしたようでした。

最後はお二方に加え、国立長崎原爆死没者追悼平和記念館の館長である智多正信様もご一緒に記念撮影。

DSC05896 (1280x850).jpg

撮影の掛け声は「なーがーさーきー」で撮影しております。教えてもらい試してみたところ、みんなきれいに笑顔になったのでおすすめです!

全てが終了したのは4時半ごろでしたが、早めに夕食を食べました。その理由はというと、こちらです。

DSC05902 (1280x850).jpg

長崎伝統の仏事「精霊流し」です。これを見るために観光客が押し寄せるため、ピークの時間帯はどこもレストランが満席になってしまうそうです。魔除けのために爆竹を鳴らすそうですが、音が大きすぎてみんな耳を塞いでいます(笑)この後優しい方が耳栓を全員分わけてくれました。

長崎の方は優しい人が多く、提灯も持たせてもらいました。髙崎家の仲間入りです。

DSC05904 (1280x850).jpg

次の日には朝からグラバー園へ。グラバー邸に女の子たちは感動したようで、こんなところに住みたいと言っていました。1/40スケールの模型を見ていたので、模型を40倍すると元の大きさになると説明するとびっくりしていたのが印象的です。

DSC05941 (1280x850).jpg

グラバー園から下っていき、大浦天主堂の前も通りました。時間がなかったので目の前で記念撮影だけしました。

DSC05946 (1280x850).jpg

次は長崎といえば大抵の人は思い浮かべるであろう出島へ。
写真を撮った場所は江戸時代は橋が架かっていてここからしか入れなかったといわれる場所です。
今工事をしていて、近々また江戸時代のように橋がかかるそうです。

DSC05957 (1280x850).jpg

最後は、平和公園の平和記念像の前での写真。原爆当時の破壊された建物の話や、投下中心地をみて自分たちが朗読した原爆の話の実感を深めているようでした。

DSC05967 (1280x850).jpg

去年は特攻兵、今年は原爆と子供にとっては、難しく辛い話を朗読しましたが、今まで触れることのなかった戦争の話を受けいれ、平和について考えている様子が、この3日間何度も見れただけでもやってよかったという気持ちになります。

将来、大人になってもこのことを忘れず、誰かに伝えられるよう成長してくれることをスタッフ一同願っております。

この度は参加していただいた生徒とその保護者の方々には大変お世話になりました。また来年も実施することがありましたら、ご参加していただけましたら幸いです。

コメントする

このページのトップへ