HOME > IBEIニュース > 阿嘉島ってこんなところ partⅠ

阿嘉島ってこんなところ partⅠ

 

大自然と触れ合って、元気に新学期を迎えよう!

3月28日~4月1日 4泊5日 イングリッシュ スプリング プログラム

~阿嘉島~

 

海2.jpg

海1.jpg

真っ白いビーチに、真っ青な海

でのアクティビティ

 

海4.jpg

 

 

海の中.jpg

色鮮やかな熱帯魚やサンゴ礁

の観察

 

2ケラマ鹿.jpgIMG_1029.JPG

生い茂る緑に、人と共存する動物たち

との触れ合い

 

星.jpg

満天に光り輝く星空

の観賞

 

阿嘉島は、2014年に西表島以来26年ぶりに国立公園として指定された沖縄県 慶良間諸島に属する有人島です。

沖縄の海は世界中のダイバーの中でも人気が高く有名ですが、その中でも阿嘉島はまだ観光地化されておらず、慶良間諸島の中でも1,2を誇る抜群の透明度と綺麗な珊瑚が生息しています。

ダイビングをしなくとも、浅瀬のシュノーケリングで彩り鮮やかな熱帯魚や珊瑚を見ることができますので、お子様にも安全に楽しんでもらうことができます

面積3k㎡、周囲12㎞と小さな島内は中央に山岳でそのほとんどの面積を森林原野で覆われており、自然豊かな環境のまま守まれています。よって野生の生き物たちにとっても住み心地が良く、様々な動植物が生息してます。

つぶらな瞳で可愛い天然記念物のケラマ鹿は毎日目にすることでしょう。

ケラマ鹿は以前は慶良間諸島の各島間を泳いで移動していたそうで、時に泳ぎ疲れて漁船に助けられたりすることもあったそうです。今は道路橋でつながっているので、橋を渡って行き来しているのですが、泳いでる姿も見てみたかったものです。

そしてもちろん夜には満天の星空、それはまるでプラネタリウムに来たかのような光景です。

そんな魅力たっぷりの阿嘉島で人との出会い、アクティビティ、創作、英会話レッスンなどさまざまな体験をしてもらい、お子様たちの一生心に刻まれる研修旅行となるお約束をいたします。

 

IMG_1971.JPG

写真立て.jpg

 

 

 

コメントする

このページのトップへ