HOME > IBEIニュース > 小学校で朗読指導を実施しました

小学校で朗読指導を実施しました

こんにちは。

先週の土曜日、葛飾区立細田小学校からお招き頂き、6年生の朗読の臨時クラスを受け持たせていただきました。 

朗読指導を担当したのは「ろうどくの森教室」のベテラン専任講師、兼定先生。

細田.JPG

細田小学校は読書活動を推進しており、保護者によるボランティアを取り入れるなど積極的に行っています。

このようにユニークで素晴らしい取り組みは私たちの活動に相通じるものがあり、細田小学校と連携を取れたことは嬉しいかぎりです。

DSC04166.JPG

普段通り早口言葉やゲームでウォーミングアップをして、今回の題材である

『セロ弾きゴーシュ』の序盤、 『わたしと小鳥とすずと』 『雨ニモマケズ』 の3作を。

みんな生き生き楽しそうに受けてます。

 

感情を入れて声に出して読むことにより、黙読に比べ、言葉の意味をより深く理解し、単語も覚えやすいというメリットがあります。人前で話すことに自然と慣れてきますし、ポジティブな精神力が培われると思います。

より多くの小学校で読書活動の取り組みをしてほしいと願っています。

 

ヤナギ

コメントする

このページのトップへ