HOME > 社員ブログ > 留学生より > ニュージーランドからのおたより

ニュージーランドからのおたより

< 「かいじゅうたちのいるところ」ワークショップ!  |  一覧へ戻る  |  ろうどくの森通信① >

12月からニュージーランドの語学学校に留学している生徒さんからおたよりが来ました。
さっそくここで一部紹介させていただきます。

☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆

こんにちは!
私はこちらでとっても元気に過ごしています。

ニュージーランドはあまり経済的に豊かでないせいか
みんな物を大切にするし、他国の歴史や経済もよく知っていて私も勉強になります。

先々週日本に英語教師として行く予定の女性が日本語を習いたいらしいという知らせを受け、
先週から週一回学校の近くのカフェで教えています。
昨日もう一人日本語を習いたいという女性が見つかったので、これからは週二回になる予定です。
今月末から市内の日本語会話クラブが再開されるので、そちらも参加したいなと考えています。

先週末は、ホストマザーの希望で彼女の友人達とお茶会を開きました。
正座には皆閉口していましたが(笑)、終わるや否や
「茶道と禅の関係は?」「あの手の動きの意味は何?」など、
予想していなかった質問が次々と飛び出してびっくりしました。
まず自分の国のことをよく知らないといけないなあと反省した次第です。

学校にも楽しく通っています!
クラスに75歳の日本人のおじいさんがいるんです。
東京でタクシーの運転手をしていたらしいのですが、
40歳ぐらいのときからNHKやラジオでずっと英語を勉強したらしいです。
夢は船で世界一周することと聞き、ただただ驚きました。

私はそんな風にはなれそうにないけど、これから目の前のことを一個ずつ、
一生懸命こなしていきたいなと思います。
時間はあっという間に過ぎていっていますが、後悔しないように頑張ります。

☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆

充実した留学生活を送っていることを聞いてとても嬉しいです。
留学する前からたくさんのやりたいこと、目標を持っていたので、
それらを達成するために1日も無駄にすることなく様々な方面で頑張っています。
学校やホストファミリーの皆さんも有理さんを応援して色々なサポートをしてくれているようです。

「自分の国のことを聞かれて答えられず、恥ずかしい思いをした」というのは、
留学中誰もが経験することだと思います。
留学先でなくても、日本で外国人に聞かれることだってよくあります。
自分の国ではそれが当たり前、でも他の国ではそんな概念や物事は存在しない、
という例はたくさんあるのですが、それは実際に外の視点から見てみないと気づくことはできません。
その違いを知ることで自国または他国の文化のすばらしさ、おもしろさを発見できます。
生徒さんもニュージーランドでの生活で「物を大切すること」がどういうことなのか、身をもって体験したようです。
4月から学校の先生になるそうですので、子どもたちにもそれを教えていってほしいですね。

それにしても、75歳のおじいちゃんが留学しているというのには私も驚きました!
留学に年齢は、関係ないですね。
この年齢になっても将来の夢を持って努力するという姿勢はすばらしいです。
私も目先の目標だけでなく、数十年後に向けた大きな目標も持って、毎日頑張って行きたいと思いました。

留学生の皆さんから教えてもらうことは本当にたくさんあります。
どうもありがとうございます。

(留学カウンセラー 三浦)

カテゴリ:

コメントする

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: ニュージーランドからのおたより

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.kodomo-rodoku.org/bcms/mt-tb.cgi/92

< 「かいじゅうたちのいるところ」ワークショップ!  |  一覧へ戻る  |  ろうどくの森通信① >

このページのトップへ

最近の画像