HOME > 社員ブログ

社員ブログ

6月25日のろうどくレポート

 皆様、大変お世話になっております。IBEIスタッフの嶋田です。

ろうどくレポートもなんとか三日坊主にならないように頑張っております。

 

さて、今回の授業内容ですが、まあやちゃんが一ヶ月お休みなので、二人をレッスンしました。

今回は『からすのパンやさん』を一度お休みして、こちらを読んでみました!

 51V5-016asL._SL500_AA300_.jpg
 

© 1977 Fukuinkan-Syoten Ltd.

『はじめてのおつかい』です!

5歳のみいちゃんははじめてのおつかいに出かけます。さて、みいちゃんはきちんとおつかいすることが出来るのでしょうか?というようなストーリーになっています。

今回は幼稚園生のりなちゃんを重点的にレッスンしました。しっかり文章を読めているのかを確認しつつ、間違ったところをはづきちゃんに読み直してもらいました。りなちゃんに一通り読んでもらい、今度ははづきちゃんに全部をさらっと読んでもらいました。

まだまだ二人の間にレベルの違いがあるので、どうすれば、はづきちゃんを退屈させずに、りなちゃんを引き上げられるか、目下検討中です。

ちなみに授業の最後に自分もお手本で読んでみましたがバカ受けでした。なんでだろう…?喜んでもらえたようなのでとりあえずOKです!

また次回もがんばっていきましょう!!

 

6月18日のろうどくレポート

暑い日が続きますが、皆様いかがお過ごしでしょうか?IBEIスタッフの嶋田です。

今週もろうどくレポートを書いていきたいと思います。ちなみに前回は書きませんでしたが、自分はこの3人の子供たちを教えています。


はづきちゃん(小学2年生)

まあやちゃん(小学1年生)

りなちゃん(幼稚園年中)


さて、前回と同様に『からすのパンやさん』の練習を重ねたのですが、今回はとても嬉しいことがありました。

最近とても上手になってきたはづきちゃんが、うまく読めずに困っていたりなちゃんを助けてあげていたのです!

しかも、僕がいつも教えているように先に文章を読んであげて、その後に続けて読ませるという方法を自分からやり始めました。それにつられて、まあやちゃんも一緒に読み始め、いつしか全員で『からすのパンやさん』読んでいました・・・(笑)

僕ははづきちゃんがろうどく教室に入りたてのころから知っているので、この成長には感激せずにはいられませんでした!

まあやちゃんも堂々と読めるようになってきましたし、りなちゃんも楽しんで読むようになってきたので、みんなの成長がとても楽しみです。


今回は絵がないのでなんだか殺風景になってしまいました・・・次は何か考えてみますので来週もよろしくお願いします!

日米大学生の違い

2012年に米国東北部バーモント州のセントジョーンズベリーアカデミーを卒業したアリシアさん19歳。

昨年度より来日しテンプル大学日本校に在籍、現在英会話の個人レッスンや麻布十番のイタリアンレストランでウエイトレスをしながらインターンシップとしてて日本を勉強しながら頑張っている。

米国に在住している両親に頼らず自力で生活費を賄っている逞しさと自立心に感服している。

欧米での大学生にとってはごく当たり前に学生かもしれないけど、親に仕送りをしてもらいながら大学生活を謳歌している日本の大学生とは随分違うと思う。

応援できることはないかと気を揉んでいるが、彼女の青春の生き方を尊重してあれこれお世話をしたい気持ちをぐっと抑えて見守っているこの頃である。

 

ジョージ

6月11日のろうどくレポート

皆様、日ごろよりお世話になっております。IBEIスタッフの嶋田です。

自分は3月初めごろから、ろうどく教室の低学年を受け持ちさせていただいています。そこでこの度は授業でどんなことをしているのか、どんな本を読んでいるのかをお伝えするべくこのブログを書くことになりました!授業の翌日には毎回更新するつもりで頑張っていきますので、これからよろしくお願いいたします。

 

さて、今練習をしている本はこちらです。

からすのパンやさん.jpg© 1973 KAISEI-SHA Ltd.

 

『からすのパンやさん』ですね。

自分も調べてみて初めて知りましたが、もう40年も前の本だそうです。自分も親に読んでもらった記憶もあり、この本を選んだのですが、教えている3人のうち2人が知っていたことに驚いてしまいました。

少し難しい言葉や、珍しい擬音、言い回しがありますが、全部ひらがなとカタカナで書かれているので、きちんと文章を見て読む癖がついてくれるのではないかと期待して練習を重ねています。

最近は分からない言葉の意味をきちんと聞いてくれるようになったので、3人の成長が感じられてとても嬉しいです。

まだまだ練習したてで、一通り最後まで読むと授業が終わってしまうので、次の目標は授業中に数回読めるようなることです。

それでは、また来週もよろしくお願いします。

韓国レポート 3日目&4日目

3日目 慶州~釜山

IMG_3879.jpg今日は朝から慶州にある遊園地に開園と同時に入園です。ほとんど人がおらず、ほぼ貸切状態です。IMG_3883.jpg

朝からお昼まで子供たちと一緒に遊び、出発する頃には結構な数のお客さんがいました。

お昼ごはんは遊園地の近くのレストランで、みんながそれぞれ好きなものを食べます。IMG_3893.jpg1日目から3日目まで毎食のようにキムチを食べてきましたが、場所によって全く味が違うことに、このとき気づきました。

お昼ごはんが終わった後は釜山へ移動です。釜山へ着いた途端に高層ビルの群れが現れて、釜山の街の大きさを実感しました。そして着いた龍頭山公園は海抜60mの高さで釜山の港の景色を一望でき、とてもすばらしかったです。IMG_3910.jpg

IMG_3920.jpg国際市場でお土産を買ってから、韓国一と言われる釜山港魚市場に移動です。ここは日本で言う築地のような場所で、とても活気がありました。IMG_3935.jpg夕食としてエビやアワビなど市場で揚げたばかりの新鮮な魚介類を使った海鮮なべを食べました。子供たちもとてもおいしそうに食べていました。IMG_3938.jpg

この日も一日中はしゃいで疲れてしまった様子でみんな早めに眠っていまいました。

4日目 釜山~日本

IMG_3940.jpg

今日はついに日本へ帰国です。長いようで短かった3泊4日の旅でした。子供達も韓国が気に入ったようで、「もう帰るの?」と言っている子がほとんどでした。ナザレ園の方にもまた来て欲しいと言われているので、また来年も行くかもしれないことを伝えると、とても喜んでしました。本当にまた行けるといいなと思います。

 

韓国レポート 1日目&2日目

1日目 良洞村
 
1日目の宿泊先は世界文化遺産に登録されている良洞村にある良洞草原民宿でした。

宿泊先良洞草原民宿.jpg

宿泊先近辺.jpg良洞村に到着したときの第一印象はどこか懐かしい雰囲気する場所でした。外は風が強くてとても寒かったですが、泊まった民宿はオンドル式の建物で床暖房が効いていてとても暖かかったです。夕食後はみんなでナザレ園での発表練習をしました。みんな飛行機とバスでの移動で少し疲れた様子で早めに就寝です。
 
 ナザレ園での発表に向けての練習.jpg

2日目 良洞村-石窟庵-仏国寺
 
山からの眺め.jpg

今日の朝は朝食の前にみんなで良洞村を散歩して小さな丘を登りました。今日も運良く暖かい一日でした。朝食後はナザレ園に向けて出発です。ナザレ園到着後まず、ナザレ園についてのビデオを見せていただきました。そしていよいよ朗読の発表です。

朗読中.jpg

ナザレ園はとてものどかな畑などにかこまれた場所にありました。朗読は皆さんに楽しんでいただき、面白そうに笑っておられる方がたくさんおられました。また、歌を皆さんに楽しんでいただけるかとても心配でしたが、とても喜んで頂き、のりのりで一緒に歌うことができました。韓国に60年以上もおられるので、日本語の話し方をほとんど忘れている方もいらっしゃたのですが、皆さん子供のころに歌った曲は覚えていました。ナザレ園に住んでいる方々とお話する機会も頂き、お互いに良い時間をすごすことができました。

ナザレ園にお住みの方達と会話.jpg

お別れをする際に皆さんまた来てねと何度も言われ、うれしい反面さびしい気持ちになりました。次回訪問させていただく時にもぜひ元気な姿をお見せ頂きたいと思いました。
 ナザレ園集合写真.jpg午後からは世界文化遺産に登録されている石窟庵と仏国寺へ行きました。韓国国内も今は観光シーズンです。

世界遺産 石窟寺.jpg仏国寺.jpg
 夕食はカルビ(焼肉)をいただきました。テーブルいっぱいに食べ物が置かれていて食べきれるかな思っていましたが、今日はみんないろいろな場所へ行きおなかがすいていたので、完食しました。また、韓国の食卓ではキムチやおひたしなどが何種類も出てきておかわりが自由ですのでとてもご飯が進みます。

カルビ.jpg
 今日泊まるホテルは慶州の湖のほとりにある大変景色のきれいなホテルです。韓国は良いところだと改めて実感しました。
 

韓国慶州ナザレ園での朗読決定が決定いたしました!(2012年3月)

2012年3月に韓国慶州にあるナザレ園でのボランティア朗読が決定しました。ナザレ園とは韓国人の金龍成(キムヨンスン)さんによって、戦前戦中に結婚し、戦後に半島に渡ったものの朝鮮戦争などで夫と死別、生き別れとなり経済的、身寄りが無い、国籍を失うなどの理由によって日本への帰国が困難な日本人妻達のために設立された施設です(日本財団, 2001)。そのナザレ園で現在もお暮らしになられている方々の為に朗読をすること決定いたしました。

 

ろうどくの森の生徒には出来るだけ参加してもらいたいのですが、慶州までの渡航費用等や宿泊費用などが生徒のご家族にとって大きな負担になることがあります。今回ナザレ園で朗読をするということは生徒にとっても良い経験となります。ナザレ園での朗読を始め2012年はより多くの子供に朗読や国際交流等学ぶ機会を与えたいと考えておりますので、皆様からのご援助を承りたく思います。ご賛同いただける方がいらっしゃいましたら下記の連絡先にてご連絡くださいませ。また、団体でご援助していただける場合そちらへ朗読をしにお伺いいたします。宜しくお願いいたします。

 

特定非営利活動(NPO)法人 国際教育比較研究所(IBE)

〒106-0044

東京都港区東麻布3-2-1狸穴アークビル1階

 

電話:03―5545―5561

FAX:03―3568―1799

Eメールjeaa@kodomo-rodoku.org 

 

お問合せフォームはこちら

 

参考サイト

日本財団「韓国慶州ナザレ園?異国に生きる日本人妻?」2001

http://www.nippon-foundation.or.jp/inter/topics_dtl/2001493/20014931.html(アクセス:2011年12月20日)

 

 

 

 

 

ろうどくの森クリスマス会を行いました! 2011年12月18日

12月18日、昨年に引き続き今年も「ろうどくの森クリスマス会」をおこないました。

このクリスマス会は食べ物の持ち寄り方式のパーティーで、当日は皆さん様々な美味しい料理や御菓子などを持ってきてくださりました。また、ろうどくの森関係者だけではなく、日頃からNPO法人の活動を支援してくださっている方々にもパーティーにお越しいただきました。美味しいランチの後はろうどくの森の生徒による朗読と講師達による伴奏付きの朗読がありとても楽しい時間を過ごすことが出来ました。

 IMG_3618.jpgIMG_3619.jpg

 IMG_3625.jpgIMG_3632.jpg 

お忙しい中クリスマス会にお越しくださり慎にありがとうございました。今月2325日には今年最後のイベントとなる国際文化会館クリスマス晩餐会での発表会が控えています。皆にとって良い思い出になる発表会になることを願っております。年末に向けてご多忙な日々をお過ごしのことと存じます。くれぐれもお体をご大切に。

 

2011年10月15日 英語絵本読み聞かせ・ワークショップ TSUTAYA TOKYO ROPPONGI

10月15日(土)に TSUTAYA TOKYO ROPPONGI にて英語絵本読み聞かせ・ワークショップを開催させていただきました。今回もたくさんのお子様にお越しいただきスタッフ一同心より感謝いたします。

今回の絵本はハロウィンをテーマにした「Halloween Night on Shivermore Street」でした。絵本読み聞かせの後はハロウィンにちなんで、マスクを作りました。みんなそれぞれマスクに色を塗ったり、耳を付けたりと思い思いにオリジナルマスクを楽しく作ることが出来ました。

  IMG_3450.jpgのサムネール画像IMG_3460.jpgIMG_3473.jpgのサムネール画像

 次回の英語読み聞かせ・ワークショップ

  • 日時: 11月19日(土)11:00am~(約1時間)
  • 場所:  ツタヤ東京六本木店 絵本コーナー
  • 費用: 不要
  • 予約: 不要
  • 対象: 3歳~小学生

次回も楽しい読み聞かせ・ワークショップになるようにを準備しております。また、途中参加も可能ですので是非お気軽にご参加下さい!皆様のご参加をお待ちしております。

森田愛(旧姓:越智)さんからのお便り

IMG_0425.JPG森田愛(旧姓:越智)さんから久しぶりに便りが届きました。めぐみさんは小学生の頃から、アメリカンスクールのESPをはじめ、カリフォルニア研修、ハワイ研修と中学生まで何回も参加してくれた、忘れられない生徒でした。現在は、3人のお子さんに恵まれ京都で「錦鶴(きんかく)」というレストランをご夫婦で経営しておられることは知っていましたが、事業を拡大して京都祇園で「Sasarindou」というホテルを始めたとのことです。 

森田愛さん 2009年同窓会にて

パンフレットを送っていただきました。お部屋は「訪れる方々にとって、もうひとつの我が家であるように。」とあり、部屋も料理も清潔感溢れる素晴らしいホテルです。そうですよね、もともと金閣寺の前で35年の歴史あるレストランを経営しておられたわけですから。以前、レストランで食事をしてきた人に魚料理が美味しかったと、大変喜ばれました。

同窓生の皆さんには、めぐみさんを知っている人も多いと思います。是非、是非、京都に行くなら「Sasarindou」に泊まって、旅の疲れを癒して素敵な京都の町を楽しんでください。
 
CIMG0042.JPG
2009年同窓会にて
 
来年くらいに、同窓会をしたいですね。
 
 
 ささりんどう  京都市東山祇園町南側570-102
         電話 075-541-7177 
         メール contact@sasarindou.jp
                                    URL   http://www.sasarindou.jp
 
  錦鶴(きんかく)京都市北区衣笠馬場町43
         電話 075-462-4949

 

アーカイブ

このページのトップへ

最近の画像